松本清張記念館
表紙 > 様々な切り口から清張を知る 企画展 > 企画展
企画展 これまでの企画展
様々な切り口から清張を知る 企画展
企画展
清張砂の器展

清張砂の器
( 上の画像をクリックするとPDFが
開き、チラシを見ることができます。)


1.開催期間
平成30年12月18日(火)〜平成31年3月31日(日)

2. 会  場
松本清張記念館 企画展示室

3.入場料
常設展示観覧料に含む
一般 500円 中高生 300円 小学生 200円

4.開催趣旨
 「砂の器」は、松本清張が1960(昭和35)年から約1年間「読売新聞」に連載した長編推理小説です。
 遺体で発見された男が前夜残した「東北訛りの『カメダ』という言葉から捜査が展開していく物語は、何度も映像化され、今も読まれ続けています。
 映像化作品の中でも、映画「砂の器」(野村芳太郎監督、1974年、松竹)は、原作者である松本清張自身も高く評価しており、公開から四十年以上が経った今も人気を誇る日本映画のひとつとなっています。
 本展では、小説と映像とで愛され続ける「砂の器」の魅力を再発見します。

 

展示構成

 1 小説「砂の器」執筆当時の松本清張

 2 小説「砂の器」

 3 映画「砂の器」

 4 「砂の器」の作品世界

 主な展示品 
 ・「砂の器」連載第一回紙面(「読売新聞」昭和35年5月17日夕刊)
 ・「球形の荒野」原稿
 ・振り出し探題(亀嵩算盤合名会社所蔵)
 ・映画ポスター(松永文庫所蔵)

 

お問い合わせ  
北九州市立松本清張記念館(小野・檜垣)
TEL : 093-582-2761 
Fax : 093-562-2303 
(akiko_yanagihara01@city.kitakyushu.lg.jp)

 

企画展図録

 
この章の一行目へ 
次の章のページへ 
最終更新日:2018.12.7|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ