松本清張記念館
表紙 > 様々な切り口から清張を知る 企画展 > 企画展
企画展 これまでの企画展
様々な切り口から清張を知る 企画展
企画展
清張と鉄道 時代を見つめて 小倉発1万3500`

清張と鉄道 時代を見つめて 小倉発1万3500`
( 上の画像をクリックするとPDFが
開き、チラシを見ることができます。)


1.開催期間
平成29年8月1日(火)〜11月20日(月)

好評により、期間延長しました。

2. 会  場
松本清張記念館 地階「企画展示室」

3.入場料
常設展示観覧料に含む
一般 500円 中高生 300円 小学生 200円

4.開催趣旨
 松本清張は、鉄道が登場する作品を数多く執筆した作家でした。「点と線」の「時刻表を駆使したアリバイ偽装」に代表されるように、鉄道は清張ミステリーに欠かせない要素の一つといっても過言ではありません。
 今回の企画展では、清張作品とそこに登場する鉄道の両方にスポットをあてて紹介しています。

 

展示構成

 1 清張・鉄道年表
 明治以前より始まる日本の鉄道史を、明治生まれの清張の年表と並べて対比しています。


 2 清張鉄道1万3500㌔
 清張作品の登場人物たちが乗車した総計1万3500㌔に及ぶ国内路線の全貌や変遷について、路線図を中心に展示しています。


 3 作品を彩る列車たち
 清張作品には実在の列車が登場することもある。作品を彩った列車を、清張の文章とともに紹介しています。


 4 消えた路線
 かつて隆盛を極めたが、もう二度と列車が走ることは無いレール。九州北部の廃線のうち、清張自身や作品と関わりがある路線を中心に、その現役当時や現状をたどります。

 5 人気作品鉄道今昔
 記念館アンケートなどで、常に人気の3作品について、作品当時と現在における所要時間や経路の違いを比較しています。

 6 あの頃の車窓
 多くの清張作品が執筆され、あるいはその舞台となった昭和30〜40年代の列車内を再現しています。記念館で唯一撮影OKなスポットとなっています。

 

企画展図録

 
この章の一行目へ 
次の章のページへ 
最終更新日:2017.10.6|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ