松本清張記念館
表紙 > コンクール・研究など 事業のご案内 > 第27回研究発表会開催のお知らせ
松本清張研究奨励事業 募集要項 研究奨励事業入選研究一覧 松本清張記念館研究誌 上映会 読書感想文コンクール
コンクール・研究など 事業のご案内
第27回研究発表会開催のおしらせ

松本清張研究会
第27回研究発表会


1.講演者
   
 ○田中実(たなか みのる)
    都留文科大学名誉教授
専攻:日本文学
日本文学協会。日本近代文学会。昭和文学会。社会文学会。日本国語教育学会。

昭和21年(1946) 福岡県柳川生。
昭和44年(1969) 立教大学文学部日本文学科卒業。
昭和51年(1976) 立教大学大学院博士課程満期修了。武蔵高等学校教諭。
昭和53年(1978) 都留文科大学文学部国文学科講師。
昭和62年(1987) 都留文科大学教授。
平成14年(2002) 都留文科大学退官。同大学名誉教授。

    森鴎外を中心にした近代文学の研究を専攻。〈他者〉、天皇制、村上春樹、国語教 育に関する論文多数。
砂書房版『松本清張研究』に、「小倉をめぐる清張と鴎外」(創刊号、1996)、「『西 郷札』の方法」(第2号、1997)、「『断碑』覚え書」(第3号、1997)を寄稿。 著作も多数、『読みのアナーキーを超えて―いのちと文学―』(右文書院、1997)、 『小説の力―新しい作品論のために―』(大修館書店、1996)、『森鴎外読本』 (共編著、双文社、1991)、『森鴎外 初期作品の世界 日本文学研究資料新集』 (編著、有精堂、1987)、『近代文学読本』(共編著、双文社、1985)などがある。

2.研究発表者
   
 (1)南富鎭(なん ぶじん)
    静岡大学人文社会科学部教授
専攻:日韓比較文学、日韓比較文化

1961年 韓国生まれ。
1990年 日本文部省国費留学生として来日。
1998年 筑波大学文芸言語研究科卒業(博士・学術)。
     日本学術振興会外国人特別研究員。筑波大学・早稲田大学非常勤講師。
2003年 静岡大学人文学部助教授。
現在   静岡大学人文社会科学部教授。

    日本文学や日韓比較文学に関する論文多数。2001年、「日本文学と朝鮮関連分野」 で第3回松本清張研究奨励事業入選。
著作は、『翻訳の文学』(世界思想社、2011年)、『文学の植民地主義』(世界思想 社、2006年)、『近代日本と朝鮮人像の形成』(勉誠出版、2002年)、『近代文学 の<朝鮮>体験』(勉誠出版、2001年)などがある。

 (2)コルベイ スティーブ
    静岡大学専任講師、翻訳家。フランス語、フランス文学、映像文化論の授業担当。
専門は比較文学(日・仏)、表象文化論。

1978年 モントリオール(カナダ)生まれ。
2003年 モントリオール大学大学院フランス文学研究科修士課程修了。
2008年 モントリオール大学大学院比較文学研究科修士課程修了。
現在の研究は、日本戦後文学と映画における表象と法の問題。フランス語、英語、
日本語で執筆。
論文は、「石川淳とパフォーマティヴィテ」(ウィリアム・J・タイラー、 鈴木貞美編『石川淳と戦後日本』ミネルバ書房、2010年)。


 
この章の一行目へ 
  最終更新日:2012.11.21|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ