松本清張記念館
表紙 > コンクール・研究など 事業のご案内
松本清張研究奨励事業 募集要項 研究誌『松本清張研究』 市民講座 読書感想文コンクール その他の事業
コンクール・研究など 事業のご案内
第39回研究発表会開催のおしらせ

松本清張研究会
第39回研究発表会

研究
発表
 「松本清張、未完の仕事― 《荒木光子の戦後史》」
               北原 恵(大阪大学教授)
講演
 「松本清張の冷戦体制―「黒い霧」の構造を描く(仮)」
               成田 龍一(日本女子大学教授)
挨拶    山田有策(研究会代表理事・東京学芸大学名誉教授)

入場無料・要申込


日 時 平成30年12月1日(土)午後2時
会 場 東京学芸大学 中央講義棟(C棟)2階 201教室
(東京都小金井市貫井北町4-1-1)

アクセス

JR武蔵小金井駅・北口より
・京王バス(5番バス停)「小平団地」行に乗車約10分。
 「学芸大正門」下車
・京王バス(6番バス停)「中大循環」に乗車約10分。
 「学芸大東門」下車
JR国分寺駅より
・銀河鉄道バス「国分寺駅入口」より「小平駅南口」行に
 乗車約10分。
 「学芸大学」下車
・徒歩約20分

主 催 松本清張研究会


お問い合わせ、お申し込み先  
北九州市立松本清張記念館・研究会事務局
〒803-0813 北九州市小倉北区城内2番3号
TEL 093-582-2761  Fax 093-562-2303


VR動画イベント実施のお知らせ

北九州市立松本清張記念館では、3月25日(日)の一日限定で、VR※1
活用した イベント「記念館の中を飛んでみよう!」を実施します。
事前申込等は不要です。

日 時 平成30年3月25日(日)9:30〜16:30
場 所 北九州市立松本清張記念館 エントランスホール
内 容 VR動画イベント「記念館の中を飛んでみよう!」 (随時)

なお、このVRイベントは、この日から導入する“多言語対応AR※2機器”のお披露目連動企画です。
“多言語対応AR機器”とは、外国語話者の方(英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語)により詳しく清張と当館について理解していただけるよう、タブレット端末を用いて案内表示を行うものです。
これまで当館では外国語パンフレットの配布で外国語対応を行ってきました。このたび、展示室内で既存の表示(日本語)の情報量を減らさずに外国語での解説を表示できるよう、新しいシステムを導入します。


※1「VR」とは
Virtual Reality 仮想現実。360度パノラマ映像を専用の機器を通じて視聴することで、三次元空間内への没入感を生じさせ、現実ではない空間を現実のように感じさせるもの。
今回のイベントでは、ドローン撮影した動画をもとに、「館内を鳥のように飛ぶ」体験ができます。
※2「AR」とは
Augmented Reality 拡張現実。実際の景色に、デジタル情報を重ね合わせて表示することで「目の前にある世界を仮想的に拡張する」もの。
当館では、館内のみどころ10箇所について各国語表記するとともに、観覧コースからは見えない奥の部分を360度パノラマで紹介するパートもあります。

お問い合わせ先  
北九州市立松本清張記念館
〒803-0813 北九州市小倉北区城内2番3号
TEL 093-582-2761  Fax 093-562-2303


 
この章の一行目へ 
次の章のページへ 
  最終更新日:2018.11.20|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ