松本清張記念館
表紙 > コンクール・研究など 事業のご案内 > 開館18周年記念講演会のお知らせ
松本清張研究奨励事業 募集要項 研究誌『松本清張研究』 上映会 読書感想文コンクール その他の事業
コンクール・研究など 事業のご案内
松本清張記念館開館18周年記念 保阪 正康 講演会
[参加無料]
1 趣旨

 北九州市立松本清張記念館が平成10年8月4日に開館してから18年を迎えることを記念し、ノンフィクション作家・保阪正康氏をお招きし、講演会を開催いたします。
クリックするとチラシが開きます。
上記画像をクリックすると
チラシが表示されます。

2 概要

演題
「近・現代史と清張史観」

日時
平成28年8月6日(土)午後2時30分〜4時30分

会場
北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 2階ホール

参加費
無料

定員
500名

応募方法
「往復ハガキ」に代表者氏名・住所・電話番号・年齢・希望人数・同伴者氏名を明記の上、
7月27日(水)(必着)までに松本清張記念館「講演会」係にお申し込みください。
 ※申込み多数の場合は抽選となります。
 ※1枚の往復ハガキにつき4名まで申込み可(同伴者の氏名を明記)。
 ※返信用ハガキ宛先には、申込者の住所・氏名を明記。


その他
 講演会終了後、保阪正康氏のサイン会を行います。


保阪正康氏略歴
昭和14年札幌市生まれ。ノンフィクション作家、「昭和史を語り継ぐ会」主宰。昭和史の実記的研究を志し、昭和前期に関する評論・評伝・ノンフィクションなどを多数発表。医学・医療をテーマにした作品も発表している。個人誌「昭和史講座」を主宰して数多くの歴史の証人を取材、昭和史研究の第一人者として2004年、菊池寛賞を受賞。主著に「松本清張と昭和史」、「そしてメディアは日本を戦争に導いた」(共著)、「昭和天皇実録その表と裏」、「東條英機と天皇の時代」、「吉田茂という逆説」、「秩父宮」など。

 
この章の一行目へ 
次の章のページへ 
  最終更新日:2016.7.4|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ