松本清張記念館
表紙 > コンクール・研究など 事業のご案内 > 松本清張記念館研究誌
松本清張研究奨励事業 募集要項 研究誌『松本清張研究』 市民講座 読書感想文コンクール その他の事業
コンクール・研究など 事業のご案内
『松本清張研究』第十八号

松本清張記念館研究誌
 『松本清張研究』第18号発行

18号の特集テーマは「清張と鉄道」です。初期のヒット作「点と線」から最晩年の「神々の乱心」まで、清張は多くの作品で鉄道を走らせました。
原武史氏と酒井順子氏の〝鉄心〟溢れる対談を筆頭に、論文、エッセイなどで、清張作品の魅力を「鉄道」をキーワードに多面的にお伝えします。
(2017年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線の研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。



研究誌『松本清張研究』一覧

内容紹介

   


清張と鉄道

  ◆対談
 
  • 行間を鉄道が走る ―清張作品時間旅行  原武史・酒井順子

  ◆論文
 
  • 清張ミステリーと中国・九州地方の鉄道  綾目広治
  • 推理小説の中の通勤電車  仲正昌樹
  • 松本清張「従軍期」の鉄道 ―朝鮮の車窓と沿線風景  南富鎮
  • 「ヤングレディ」の旅 ―松本清張『殺人行おくのほそ道』と女性週刊誌  久保田裕子
  • 「旅」と「点と線」  松本常彦
  • 旅と鉄道と影の映像―清張「顔」をめぐって― 山田有策
  ◆エッセイ
 
  • 列車に乗る子供たち  赤塚隆二
  • 「小倉発」わが絵人生のはじまり……  田中時彦
  • 越境者の覚悟  森達也
  ◆再録
 
  • 「時刻表」   松本清張
  ◆投稿
 
  • 『象徴の設計』小考 ―松本清張のみた「軍人勅諭」における命令の拘束性―  多田康廣
  • 無力化された真相の先に
     ―松本清張「霧の旗」に見る更新されない日常の正体―  鶴田武志
  ◆記念館研究ノート
 
  • 消えた男をめぐって―松本清張と村上春樹  柳原暁子
   
  記念館だより
  編集後記
このウィンドウを閉じる

 
この章の一行目へ 
次の章のページへ 
  最終更新日:2017.4.1|免責事項・著作権個人情報の取り扱いサイトマップ  
〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内2番3号 TEL:093-582-2761 FAX:093-562-2303  
Copyright Matsumoto Seicho Memorial Museum.All rights reserved.  
E-Mail:shi-seichou@city.kitakyushu.lg.jp   
表紙へ表紙へ